審査に落ちてしまった時には

カードローンの審査に落ちてしまうと、精神的にダメージを与えられる事になります。自分の経済力や社会的信用度が足りないという事になるので、自分を否定された気持ちになってしまう人が多く存在します。

そんな時に別の金融機関にがむしゃらに申し込んだとしても、また審査で落とされてしまうだけになります。そんな時には審査に通らなかった理由をよく考える事が大切です。この時にカード会社に審査落ちの理由を問い合せたとしても、理由は絶対に教えてくれません。

そういった理由に関して利用者に教える義務が存在しないと共に、審査基準等に関しては企業秘密となっている事が基本です。ここでクレームを入れてしまうと、永久にその金融機関のカードローンを利用する事が出来なくなる可能性があるので、絶対に怒鳴ったり暴力的な表現でクレームを言うのはしてはいけません。

履歴をクリアしてから再申込をする

審査に落ちる理由としては、経済力や社会的信用度が審査基準に満たなかったというものです。経済力は年収や勤続年数のことであるので、年収が200万を越していたとしても勤続年数が1年未満であれば審査には通りません。

この場合は出来れば2年経ってから申込みます。また、他社から借入がある場合においては出来るだけ完済してから再申込する事で審査に通りやすくなります。そして、一番重要な事が社会的信用度です。これは過去に借金の未払や滞納をしていた場合、信用度が下がってしまい、その結果審査に落ちる事になります。

この記録は半年間残る事になりますが、半年を過ぎるとこの記録は抹消されます。つまり、これが原因で審査落ちしていたのであれば半年後にもう一度申し込む事で、審査を通過する事が出来る可能性があります。

まず、自分のステータスを見直して穴があれば埋めていくという事が大切です。

提携サイト

キャッシングの総合情報即日キャッシング.com・・・・多数の口コミなど情報満載

カードローン審査.com
Copyright© カードローン審査.com All Rights Reserved.